道場紹介&入会について

初回体験無料 

入会について
 初回無料体験の後すぐ入会を決めてくれた方は→入会金無料 

 2週間体験、1カ月体験の後入会を決められた方は→入会金3000円要
   月会費   

少年部        週 1回(月4回)    週2回(月8回) 週3回以上(フリー)
入学前児童     3240円      5400円      6480円
小学,中学生     4320円      6480円      7560円


週3回以上(フリー)コースは最大週5回稽古に参加できます。
一般部、壮年、女子 高校生以上一律 月額 8640円 
道着代 9000円(最初はトレーニングウェアで可) 審査代一律 5000円 
入会時会費は日割り計算で月末分まで(上記会費内)+スポーツ保険 1000円で始められます。空手着は入会から2カ月以内にご購入下さい。
※ 入会の際のお支払いは1万円以内です(スポーツ保険+会費1カ月分)
  空手着、サポーター等は入会後逐次お求め下さい。
スポーツ保険
入会時(入会日~翌年3月31日まで有効 毎年4月1日更新) 

少年部1000円 一般部2000円
月会費特典(フリーコースの会員のみに適用されます)
1、兄弟会員2人の場合1人525円ずつ割引   

 小学生2人の場合                   14040円
 幼年生1人、小学生1人の場合        11880円
  幼年生2人の場合                                      9720円

2、兄弟会員3人の場合上記割引と共に更に
  3人目の会費は3240円で可。小学生3人で      17280円
  幼年生3人の場合                                            12960円
 幼年生2人、小学生1人の場合                     15120円
  幼年生1人、小学生2人の場合                    16800円

3、4人目以降の会員の月会費はお一人様          3240円

 ※年会費8640円は年に一度極真館総本部に口座振替で支払うことになっています。年会費を支払うことによって昇級・昇段・極真館主催の試合に参加できます。つきましては減額等はございませんので、ご注意下さい。 年会費 少年・一般問わず8640円/年 家族会員2人以上12960円/年
○退会は27日までに所定の用紙にて申込み願います。休会は休会費2160円要。

-道場責任者あいさつ-皆さんの回りを見渡して今の子供たちに足りないものは何でしょうか。私たちの時代と違って今の子供たちには十分に遊べる環境がありません。そのせいで子供たちは運動不足になり、幼少時に必要な体力を養うことが出来ず、大人になってからさまざまな障害を起こすことにつながっています。成長期に必要な体力というのは柔軟性や敏捷性、反射神経などこれらは全て12歳くらいまででしか身につけることが出来ません。当道場の指導方針として下記に重点を置いています

 

1、体力の向上空手の動作はもとより様々な体力増強運動を行い、基礎体力の強化を目指して、運動会の駈足や綱引き、相撲等何でも1番を取れることを目指します

2、精神力の向上体力の向上と共に何事にも負けない強い心を身に着け、将来学校のクラブ活動入部や社会に出てからでも通用する体力・精神力の強化。

3、社交性を身に着ける空手は個人競技ですが、道場は1つのチームです。同じ道場の仲間と競い合いながらチームの一員として共に技術の向上・体力の錬成を行い、集団の中の個を学び社交性を身に着ける。

4、礼節の習得最近の子供は授業中にあくびをしても先生からあまり怒られないようですが、道場では厳しく注意します。挨拶、目上の人への言葉遣いや接し方も教え、大きい声が出せるようにします。

5、人間形成長所は伸ばし、短所は直します。道場内で強くなることを目標にしながら、さらに年に何回か行われる試合や他道場との合同稽古・審査会を通して自分の実力及び自分自身の未熟さを学ばせます「井の中の蛙」にならないことでより謙虚な人間形成を目指します。

6、文武両道空手が上手な子は学校の成績も良いといわれるよう集中力の向上を目指します。

7、忍耐力を学ぶ空手は魔法でもありませんし、相手を一撃で倒せる必殺技も教えて身につくものではありません。技は日々の努力、鍛錬によってのみ身につくもので、コツコツ物事を続けることの大切さを学びます。

8、度胸をつける試合や審査を通して勝負に勝つための気迫や精神性の大切さ、さらにとっさの判断力や決断力を身につけ将来大舞台でも緊張しないで物事を成就できる人間に育てます。 

 

私が極真空手の道場の門を叩いたのは単に強くなりたいという単純な気持ちからでした。もう34年以上も前のことですが、今ようやくその時の夢が実現したように思えます。最初は肉体的な強さを求めましたが、それとともに精神的な強さも備わっていきました。年とともに体力は衰えましたが、精神的なものは逆に強くなった気がします。そして私自身が培ったものが現代の子供たちに必要とされるなら、という思いでこの道場を開きました。2003年5月に松原団地道場を開設以来、多くの子供たちを指導し、育ててきました。最初は遊び感覚で来ていた子供たちが半年、一年もすると、たくましくなっていき、目を輝かせて稽古に打ち込むようになりました。それは単に楽しいという思いだけではなく、空手がうまくなりたい、強くなりたいという気持ちに子供たちの目的意識が変ってきたからです。目標のある子の目は輝いています。このような子供に育てるが私の目標です。空手をはじめる理由は人さまざまですが、当道場では必ずご満足していただけるものと信じています。まずは気軽に体験からはじめませんか

¥0